Japan

2月におすすめ北海道旅行

2019年2月4日

2月の北海道旅行は楽しいです

 

「国内旅行を2月に楽しみたい……でもできればそれほど寒くないところが良い……」とお考えの方は少なくないでしょうが、思い切って際限なく冷え込む北海道を訪れるというのもおすすめです。

 

ウィンターシーズンの北海道の銀世界は非常に美しいですし、スキー好きの方にもうってつけです。また、冬の北海道には美味しい食べ物がいっぱいあります。特に海産物などが魅力的ですよ。それから、この時期の北海道の海には流氷がありまして、これが実は非常に美しく雄大なんですよね。

 

「2月上旬・オホーツク海沿岸」←北海道で流氷を見物したいのであれば特におすすめです。それ以外にも、羅臼、枝幸、根室、稚内、ウトロ、紋別、網走なども、北海道で2月に流氷を眺める場所として人気です。ちなみに、流氷を近距離で見たいのであれば「流氷砕氷船」に乗るのがおすすめです。

 

また、「流氷ウォーク」という流氷の上でのウォーキングを、知床などで体験することも可能です。旅行代理店のウィンターシーズンの北海道ツアーの内容を見ると、流氷見物を盛り込んだものが結構たくさんある事が分かります。それだけ、北海道の流氷は人気があるという事なのでしょうね。

 

パッケージ形式のツアーにするのであれば、船、宿泊施設、旅費がコミコミになっているものだと割安になりやすいです。ただし、たとえ北海道であっても、風が激しいと流氷が沖に行ってしまう場合があります。ですから、流氷見物ができるか否かは運次第だということも覚えておいてくださいね。

 

「オサムロ原生花園」のそばには「流氷岬」という、流氷ポイントが存在します。流氷を間近で眺めることが可能ですから多くの観光客が訪れます。また、オホーツクタワー(紋別市)からは、流氷の下を眺めることが可能ですので楽しいですよ。

 

海一面の流氷を目に焼き付けたいのであれば「能取岬」に行くのもおすすめ。定期観光バスを使えば、スムーズに訪れることができますよ。

 

また「北浜駅」も流氷ポイントの一つ。海と駅が至近距離となっていますので(20mくらい)、流氷を電車内から眺めることができるんです。同じく「浜小清水駅」も海のそばであり、流氷を上部から見ることができる「フレトイ展望台」もありますよ。

 

オロンコ岩は観光地の一つであり、ウトロ漁港で回ることが可能です。ウトロにも「流氷ウォーク」がありますので、それもぜひ楽しんでみてくださいね。以上のように流氷を楽しめる場所が北海道にはたくさん存在しますので、北海道旅行のときにはぜひ足を運んでみてください。

 

流氷砕氷船に関しては、紋別港から1~3月に「ガリンコ号」が出ています。また、流氷を見られる電車である「流氷ノロッコ号」に関しては2~3月に利用できます。知床斜里駅~網走駅間では、車窓から流氷を眺めることが可能ですよ。

 

北海道で流氷を眺めるには2月が最適ですが、ダイヤモンドダストが楽しめる場合もあります。ダイヤモンドダストは晴天で15℃未満だと生じやすいとされていますが、やはり自然現象ですから運次第というしかありません。「見られないのが普通で、見られたら幸運」というくらいに考えておいた方が気が楽です。北海道なら「幌加内町」という、旭川から90分ほど車で移動したところなどがダイヤモンドダストを見やすい場所です。

 

以上のように、ウィンターシーズンの北海道は非常に楽しいです。ですが、当然非常に寒いので気を付けてください。氷点下20℃以下になることも珍しくありません。防寒具などときちんと準備した上で訪れましょう。

 

まず、風を避けられる上着を確実に準備してください。フードが付属していて防水加工が施されているものを推奨します。また、カッパを用意しておくと雨対策になりますし暖かさも増します。

 

ただし、北海道の屋内は暖房を効かせているところが大半ですから、厚着をしたままでは今度は汗をかいてしまう事になります。ですから、着脱しやすい服装を選んでおくのがおすすめです。

 

それから、マフラーや手袋も絶対に準備してください。暖かい地域にお住まいの方の中にはこれらを身につける習慣がない人も少なくないでしょうが、手袋をつけずに北海道で過ごすと非常に寒い思いをすることになります。

 

また、靴に関しては日頃履いているものに加えて、滑りにくいものも用意しましょう。ウィンターシーズンの北海道旅行では、凍結した場所や雪道を移動することになる場合もあるので、普通の靴ではリスクが大きいかもしれません。

 

その他、耳当てや毛糸の防止なども欠かせません。冷気で耳が痛くなりますので、耳当ても準備しましょう。ただし、耳が完全に隠れるタイプの防止がある場合は耳当ては不要かもしれませんね。

 

それからカイロも多めに準備してください。ポケットにしまったり身体に貼り付けたりすると、寒さを乗り切りやすくなります。ただし肌に直接貼るのではなく、服の上から貼った方が安全です。北海道は想像以上に寒いので、万全の防寒対策をしてから訪れるようにしてくださいね。

とりあえずここまで紹介したようなものがあれば問題ありませんので、まずは用意を十分なものにしておいてください。



-Japan
-

Copyright© 旅見聞録 , 2020 All Rights Reserved.