旅行準備 病気/感染症/ワクチン

予防接種について

予防接種について

 

海外へ旅行に行く場合、忘れてはいけないのが予防接種です。パスポートの発行や荷物の準備などで、忘れてしまうことも珍しくありません。必須ではありませんが、国によっては感染症にかかるリスクもありますので、必ず受けておくべきだと思います。特に中期から長期滞在を予定している方は、それだけ感染のリスクが高まります。ただし、費用の問題があります。滞在する国によりますので、事前に受けるべき予防接種をチェックしておきましょう。

 

何を受けるべきか悩んだら、最低でも破傷風の予防接種をおすすめします。世界中で感染リスクがあり、治療が遅れると死亡するケースもあります。特に現地の医療機関で治療を受けられるとは限りません。リスクが高い病気のため、全員が受けるべき予防接種です。

 

南米などの熱帯地域へ行く方は黄熱病の予防接種を受けましょう。海外旅行者の感染・死亡率が高く、効果的な治療方法もありません。そのためリスクを減らすためにも、南米・熱帯地域へ行く方は特に重要です。

 

欧米以外へ行く方は、A型・B型肝炎の予防接種も必要になります。いずれも死亡リスクは非常に低いですが、発熱やおう吐などの症状に悩まされるため、なるべく受けておきましょう。いずれも複数回に分けて予防接種を実施します。

 

アジアへ旅行へ行くなら、日本脳炎や狂犬病の予防接種も検討しましょう。感染症はいつ感染するか分かりません。死亡する例も決して珍しくありませんので、渡航先に合わせて受けることをおすすめします。

-旅行準備, 病気/感染症/ワクチン
-,

Copyright© 旅見聞録 , 2020 All Rights Reserved.