旅行準備

【SIMカード】中国へ行くなら中国聯通香港 SIMカードがおすすめ

2019年3月31日

【SIMカード】中国へ行くなら中国聯通香港 SIMカードがおすすめ

 

 

 

国: 中国、香港
時間: 8日間
その他: データ無制限
SIMサイズ: 通常、micro、nano
感想: 中国へ行くときは必ず日本で買っていきます。中国内では通信制限が掛けられているのでGoogle、FacebookやLINEなどは使えません。香港経由の通信電波なのでGoogleなども使えるようです。中国北京、上海、寧波、貴陽、常州、などで使用しました。中国内での電波の入りはしっかりしていました。ネットの検索もストレスなくしっかりできました。Googleマップ、Facebook、LINEなどもサクサクでした。
①飛行機の中で機内モードをONにする。
②simカードを入れ替えます。
③空港に到着したら機内モードをOFFにする。通常は勝手に電波をつかみます。
④モバイルネットワーク設定のデータローミングをONにする。
⑤Googleマップを起動し現在地を確認する。*繋がらない時はAPN項目に設定する。
「名前」:unicom
「APN」:3gnet
「ユーザー名」:空欄
「パスワード」:空欄
「認証方式」:CHAP

-旅行準備
-

Copyright© 旅見聞録 , 2020 All Rights Reserved.