るるぶの台湾一周旅行

るるぶの台湾一周旅行

るるぶ(旅行雑誌)では、台湾旅行においてどのような観光スポットをオススメしているのでしょうか。台湾は主に、花蓮、日月潭、高尾、台南、台中、台北のエリアに分けられます。 

台湾でもGoogleマップやLINE、Facebookを使うためにはレンタル海外携帯があると便利です。また、台湾一周の旅をしているとホテルは必要になってきます。250社の予約サイトから料金を一括比較できるトリバコがおすすめです。

花蓮

東部最大規模でアクセスの要になっているのが花蓮です。日本の入植者が明治時代あたりから多くいました。そのため、今でも日本に良い印象を抱いている人が少なくありません。ヒスイや大理石の原産地としても知られています。

 

タクシーで花蓮空港を出て、15分くらいすれば市内につきます。まずは「阿美文化村」に足を運んでみてはいかがでしょうか。「阿美族」と呼ばれる台湾の先住民による、伝統的な歌とダンスのパフォーマンスを楽しむことが可能ですよ。休日は大晦日のみで、あとは毎日専用の劇場で公演が行われています。観光がてら見てみることをおすすめします。

 

九份

また、猫の彫刻の照明が街にたくさん置かれている「九份」も人気です。ここって「千と千尋の神隠し」に登場したお茶屋があるんですよね。ジブリ好きの方はぜひ訪れてみてくださいね。台湾と日本の雰囲気は全体的に結構似ているのですが、九份については日本とはかなり違うのでより楽しめることでしょう。

 

 

台中

孔子廟が台湾には多く存在していますが、台中には特に大々的な孔子廟があります。「宋」時代の宮殿建築に近い構造が採用されています。赤色の漆塗りの柱がよく映えます。

 

台湾紙幣

 

ちなみに、台湾は「ニュー台湾ドル」という通貨を採用しています。記念に一枚くらいお土産にするのもいいかもしれませんね。