ゴールデンウィークは富士山に登ろう

ゴールデンウィークは富士山に登ろう

ゴールデンウィークは富士山に登ろう

 

ゴールデンウィークに富士山に登る計画を立てている方は少なくないのではないでしょうか。ゴールデンウィークには、日本人はもちろんのこと、外国人もたくさん富士山を訪れることでしょう。

また、富士山の周辺エリアも観光スポットとなっていますので、富士山そのものを含めてゴールデンウィークは混雑するかもしれませんね。

 

登山をしたり、ふもとを観光したり、富士山を眺められるホテルに泊まったり……。色々な楽しみ方があると思います。

「山登りはちょっと……」というのであれば、温泉宿を取って富士山を眺めながら温泉に浸かるのが良いかもしれません。

反対に「ぜひ富士山に登りたい!」というのであれば、自動車で弾丸ツアー的に富士山を訪れて登って降りて、そのまま帰るのも良いかもしれませんね。ゴールデンウィークの残りの期間を使って登山の疲れを癒しましょう。

 

ちなみに、近年は「ダイヤモンド富士」が人気になっています。

ただ「ダイヤモンド富士」という場所があるわけではないので、いくら地図などで探しても見つからないので気を付けてください。

これは、「日の出や日没の際に、富士山の山際がダイヤモンドのようにきらめく」ために、そのような名前がついたんです。

この「ダイヤモンド富士」はカメラマンの間でも大人気で、撮影のためだけに富士山を訪れる人も少なくないようですよ。

 

このダイヤモンド富士ですが、田貫湖や身延山などから撮ることができますので、カメラを使って撮影したいのであれば、これらの場所をタイミング通りに訪れることを考えましょう。

ただし、ダイヤモンド富士は気候次第では見られない場合もあるので気を付けてください。また、「この時間に見られる」と予想したとしても多少外れる可能性もあるので、余裕を持って訪れておくことをおすすめします。

ダイヤモンド富士を目撃したいのであれば、気象予報も入念にチェックするようにしてくださいね。

 

ちなみに「富士見百景」という国土交通省が出している情報があります。

これを見れば「ダイヤモンド富士が見られる(と予想されている)場所」がどこなのかが分かります。もちろん、場所だけでなく時期や時間も載っていますので、それに沿った旅行プランを練るようにしてくださいね。

もしかしたら、それほど遠出をしなくても目撃することが叶うかもしれません。

一例として、ダイヤモンド富士を千葉の幕張の海岸で見られる場合もあります。

ダイヤモンド富士だけが目的なのであれば、千葉県を訪れた方が良いと思います。

特にゴールデンウィーク中に千葉県で見られそうなのであれば、混みそうな富士山周辺を訪れずに千葉県の幕張を選ぶことを推奨します。

 

しかし、やはりどこまでいっても「ダイヤモンド富士を見られるかどうかは運次第」という部分が否定できません。ですから、そのことを理解した上で足を運んでいただければと思います。

 

さて、家族で一緒に富士山を見たいのであれば、やはりそれ以外の観光や遊びも楽しみたいところです。例えば「富士急ハイランド」などが「富士山を眺められる遊園地」として人気です。この遊園地には「フジヤマ」という世界的に有名なジェットコースターが存在します。

さらには「トーマスランド」「ええじゃないか」「ドドンパ」などもありますので、お子さんでも大いに楽しめることでしょう(ただし身長制限があるかもしれませんので覚えておきましょう)。

特に富士山を一望することが可能な「鉄骨番長」は外せません。

それから「トンデミーナ」というアトラクションでは身体が逆さまになりますので、「逆さまの富士山」を眺めることが可能です(天候次第ですが)。

 

また「シャイニングフラワー」という巨大観覧車にもぜひ乗ってください。

これなら高い位置から富士山を長時間楽しむことができますよ。

夕焼けのタイミングを狙って乗れば日中とは違った雰囲気の富士山を眺めることも可能いです。

 

それから、富士山は本栖湖畔(身延町)から眺めることにも大いに意味があります。なぜなら、そこから見ると「旧五千円札」と「千円札」に載っている富士山の姿に近くなるからです。