2月は京都旅行がおすすめ

2月は京都旅行がおすすめ

2月は京都旅行がおすすめ

京都旅行(2月編)

 

秋に京都旅行をする人は非常に多いですが、ウィンターシーズンに京都に行くのもなかなか楽しいものですよ。

 

ウィンターシーズンの京都にはどのような魅力があるのでしょうか。まず、歴史的建造物が雪で彩られます。これが非常に美しいものであり、教科書に載っているような姿とは大幅に変わって見えるはずですよ。

 

気温の問題があるので「そもそもウィンターシーズンに旅行なんてしたくない」と感じるかもしれませんが、ぜひ一度「冬場ならではの京都」を味わってみてくださいね。長期休みでもない2~3月であれば旅行費も比較的リーズナブルになりますよ。また、京都と言えども2月中は観光客が減ります。

 

ウィンターシーズンの京都には「穴場」「リーズナブル」「雪で美しい」という大きな魅力があるという事ですね。冬場の京都へのパッケージツアーの料金も割安になりますし、宿泊代も低くなることが多いです。ですから、そのぶん旅行の日数を多くして、京都の観光地などをたくさん巡ってみてはいかがでしょうか。

 

さて、北野天満宮は2月の京都の観光スポットとして特におすすめです。梅の名所としても知られる北野天満宮。2月に梅が満開になりますので、この梅を見るための北野天満宮を訪れる人が少なくないようです。

 

また、下鴨神社もウィンターシーズンの京都旅行においてぜひ訪れたい場所です。縁結びの神社として日本中で人気ですので、婚活中や恋活中の皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね。実際、2月頃の下鴨神社には女性の観光客が増えるとのことです。

 

そして、雪の白色と下鴨神社の赤色のコントラストも大変美しいです。これは当然雪の降る季節にしか楽しめないものですよね。世界文化遺産の一つでもある下鴨神社。京都を訪れたら必ず見物しておきたい場所です。

 

 

それから、京都の街を散策したいのであれば、宮川町付近が人気です。「京都をぶらぶら歩くだけでも舞妓さんを見かける」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際には特定の場所に足を運ばないと見られない可能性が高いです。

 

しかし、京都五花街の一つである宮川町付近には舞妓さんがたくさんいますので、外国人観光客も多く訪れているようです。1~2月は少し冷えますが、ぜひ宮川町付近を楽しんでください。

 

それから、2月の京都では節分関連の行事が盛んに実施されています。吉田神社のそれは特に大規模であり、800前後の露店が境内に集まります。

 

2月に開催するので、それを見越して京都を訪れてみるのも良いでしょう。特に「追儺式」は鬼を退治するための有名な神事ですから、ぜひ一度見物しておきたいところです。

 

また、節分祭で人気の名所としては他にも「須賀神社」などがあります。須賀神社の境内では「懸想文」というラブレターを購入することができます(売り歩き)。これを女性が箪笥や鏡台に保管しておくと、幸福になれたり、良縁が恵まれたり、綺麗になれたりすると言われています。

 

それから「吉田神社」でも2月に節分祭が開かれます。

 

2月はどこでも気温が下がりますが、京都ももちろん例外ではないので服装には気を付けてください。「好きな服で着飾って旅行したい」という方もいるかもしれませんが、ことに屋外の催し物を見物するのであれば、それなりに厚着をしなくては凍えてしまいますので注意が必要です。

 

京都旅行においては建造物の見学なども増えるでしょうから、やはり寒さ対策は十分に行うべきだと言えます。カイロ、マフラー、手袋、厚手の上着などを油断せずに持参してくださいね。

 

また、京都を訪れるからこそ気を付けるべきことなのですが、靴を脱がないと入ることができない神社やお寺が少なくありません。着脱に時間がかかる靴を履いていると案外鬱陶しい気持ちになるので、「暖かさを保ってくれつつも、スムーズに脱げる靴」を選ぶことを推奨します。

 

それから、鳥居の中では帽子を取りましょう。特にウィンターシーズンには、帽子を取らずに鳥居に入る方も少なくありませんので注意してください。ちなみに、こちらは京都だけでなく日本中で共通のマナーとなっていますので覚えておきましょう。