海外旅行の保険は必要?不必要?

海外旅行の保険は必要?不必要?

海外旅行の保険は必要?不必要?

 

海外旅行へ行って病気になったり、怪我をしたりするリスクも0ではありません。急に体調が悪くなる可能性もありますし、事故で怪我をする場合も考えられます。クレジットカードには海外旅行保険(傷害保険)が付帯していることもありますが、補償は制約があるため、少し不安になってしまう方もいると思います。そのため、保険会社が提供する海外旅行保険の加入を検討するべきか、悩むところではないでしょうか。

 

保険会社の海外旅行保険は病気や怪我、携行品の損害、各種死亡保険金など、補償は充実しているのが特徴です。特に病気・怪我の治療費と携行品に関する補償がありますので、万が一への備えとしては十分だと思います。手荷物が遅延した際の補償がある保険も多く、様々なリスクに対応できるのがメリットとなるでしょう。

 

しかし、加入が必要かどうかは話が別だと思います。海外旅行保険は別途保険料を支払う必要があるため、旅行の費用を抑えたい方にはネックになるかもしれません。滞在期間が長くなるほど保険料も増えますので、加入が必要か慎重に検討するべきでしょう。

 

加入の是非は渡航先によって決めるのが良いと思います。例えば感染症のリスクが高い国、治安のあまり良くない国などへ行く場合、海外旅行保険へ加入するメリットは大きくなります。一方、衛生環境が良く治安も安全な国であれば、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険でも十分だと考えられます。あくまで目安ですが、衛生面・治安面を考慮して加入するか決めましょう。