【ブルネイ】ブルネイ観光で初めてドリアンを食べてみた

【ブルネイ】ブルネイ観光で初めてドリアンを食べてみた

【ブルネイ】ブルネイ観光で初めてドリアンを食べてみた

 

今回はガドンナイトマーケットであのドリアンを食べてみた。マーケットの奥の角のほうにお店があります。中国人団体客がいると超満員になっていました。

黄色の果実ドリアン

 

白色の果実ドリアン

オレンジ色の果実ドリアン

 

ブルネイ人はドリアン3個は当たり前!

ブルネイでは毎日3個ドリアンを食べるといわれています。地元の人は20個30個と大量に買っていきます。新鮮なドリアンが入ると取り合いになります。ドリアンには20種類以上の種類があると言われ、取れたて開けたては匂いもなくおいしくいただけます。

ドリアンをその場で食べてみた。

このマーケットではその場でドリアンが食べれます。みなさんたくさんドリアンを食べています。私もドリアンに挑戦してみました。白いドリアンと黄色いドリアンとオレンジのドリアンがあり、今回はオレンジのドリアンをいただきました。ドリアンといえば臭いが強烈で素手で触ったら1週間は取れないといわれるくらいの臭いが有名です。開けたてのドリアンは臭いもなく無臭。手袋をはめドリアンを頂くと甘くておいしい。種が大きいですが種の周りについた果実が熟してねっとりとした柿の味に似ている感じでした。癖になる味でまた食べてみたいと思いました。

パック詰めのドリアンが売っていますが果実が空気に触れると強烈な臭いを放ち始めます。美味しくいただくにはドリアンはその場で開けて食べることをおすすめします。