【モルディブ】モルディブおすすめ観光にはコロニアル建築の大統領官邸

【モルディブ】モルディブおすすめ観光にはコロニアル建築の大統領官邸

【モルディブ】モルディブ観光には大統領官邸

 

モルディブではめずらしいイスラム色や風習がないお屋敷です。
今回は大統領官邸をご紹介します。

 

大統領官邸(Presidential Palace)(Muleeaage )

 

 

 

サルタン3世が自分の息子に建てたお屋敷でコロニアルスタイルで独特の建物。
サルタン制が廃止され息子が王位に就くことはなく、そのご大統領官邸として使われていたという。
スリランカ人のセイロンとモルディブ人の建築家によりデザインされたコロニアルスタイル建築である。モルディブに伝わるイスラム色や伝統的な風習色がほとんどない独特な建物です。

 

Mulee-Aage(ムーレアージェ):真っ白な塀と庭に囲まれたすばらしいお屋敷。
門はカラフルになっていて、中には入れませんが、門の隙間から、きれいなお庭やお家が眺められます。

 

大統領官邸(Presidential Palace)

住所:Medhuziyaaraiy Magu, Male’ City 20115 モルディブ

*中には入れない