海外旅行でタクシーを使う際の注意点

海外旅行でタクシーを使う際の注意点

海外旅行でタクシーを使う際の注意点

 

海外では鉄道やトラム、バスなど、国によって様々な移動手段があります。しかし、目的地の前まで確実に行くために、タクシーを利用する方が多いのではないでしょうか。日本では手軽な移動手段の一つですが、海外の場合も同様です。鉄道は少し敷居が高かったり、バスはこなかったりする可能性があります。その点、タクシーは確実な移動手段と言えるでしょう。

 

でも、日本と海外のタクシー事情は少し異なるので注意が必要です。実はトラブルも日常茶飯事で、特に海外旅行者は戸惑ってしまうことも珍しくありません。国による事情の違いこそありますが、日本とは異なると認識しておいたほうが良いでしょう。

 

もっとも注意すべきなのが言葉の違いです。タクシーの運転手に母国語以外が通用しないことも珍しくありません。特に目的地を伝える際、間違ってしまう可能性もあります。言葉で伝えるのが難しい場合も考えられますので、地図を指さして伝えるなどの工夫が必要です。

 

料金メーターのないタクシーには注意しましょう。いわゆる白タクの可能性が高く、高額料金を請求されるリスクが潜んでいます。料金を事前に確認するか、交渉するようにしましょう。

 

また、国によってはチップが必要な場合もあります。相場は国によりけりですが、各国ごとのマナーに従い、チップを渡すようにしましょう。間違っても相場を上回るチップを渡してはいけません。あくまでも相場の範囲内で、お礼の意味を込めて渡すことが重要です。