海外旅行ホテルに泊まるならBooking.com(ブッキングドットコム)情報を完全網羅

海外旅行ホテルに泊まるならBooking.com(ブッキングドットコム)情報を完全網羅

海外旅行ホテルに泊まるならBooking.com(ブッキングドットコム)情報を完全網羅

ブッキングドットコムはホテル予約サイトであり、世界トップの規模を誇ります。実に100万カ所オーバーのホテルが掲載されており、「数」で言えば他とは比べ物になりません。

そのため、ブッキングドットコムに興味がある人は少なくないと思います。

 

しかし世界トップとはいえ、使い心地や評価もいいとは限りませんよね。

 

今回は、ブッキングドットコムに関する口コミ、評価、メリット、利用する上で気を付けたいことなどを紹介していきます。ブッキングドットコムの利用を考えている皆さんはぜひご覧ください。

 

目次

100万件オーバーの掲載ホテル数

 

人気のワケ

・宿泊施設予約サイトとして世界トップレベル

・レビュー数7700万オーバー

・対応している国が多い

・日本語対応

・年中無休(24時間対応)

最低値段保証つき

日本語TEL対応&年中無休のサポート体制

 

「世界トップの宿泊施設予約サイト」というのがブッキングドットコムの魅力です。

そして、ブッキングドットコムには他にも「ブッキングドットコムカード」「事前支払い不要」「トータル金額表示」等、色々なメリットがあります(詳細は後述)。

 

 

ブッキングドットコムはなぜ人気なの?

では、ブッキングドットコムの人気のワケを紹介していきましょう。「利用者にとってどの部分がお得なのか」ということや、ブッキングドットコムの詳細情報をお伝えしていきます。

 

 

人気のワケ1:世界一のホテル掲載数

 ブッキングドットコムは100万カ所を超えるホテルを掲載しており、件数において世界トップとなっています。「世界トップ【クラス】」と言っている宿泊施設予約サイトは他にも存在しますが、多くても数十万カ所程度しか掲載されていないというのが現実です。

 

ですが、ブッキングドットコムはそれらよりも圧倒的に多い数のホテルと連携しています。このことにより、利用者には次のようなメリットがもたらされます。

 

<ホテル掲載数が多いことの利点>

・色々なタイプと値段のホテルを探すことが可能
・マイナーなエリアでもホテルを探すことが可能
・ホテルが混む時期でも宿泊場所を確保しやすい

 

 

ホテルが混む時期でも宿泊場所を確保しやすい

 繁忙期(ホテルが混む時期)でもホテルを確保しやすいのが最初の利点です。一例として「Hotels.com」に関してですが、宿泊施設の掲載数は50万件に満たないくらいです。※これ以外の「世界トップ【クラス】」の予約サイトでも同程度の件数です。

ですから、他のサイトで10件宿泊施設がヒットしたのであれば、ブッキングドットコムであれば20件以上のホテルがヒットするケースが多いです。

 

※当然掲載数がたくさんあっても気に入るホテルがない場合もあります。ただ「ホテルが混む時期だけれど、確実に宿泊場所を確保したい」などのケースでは、特にブッキングドットコムが役立つはずです。

 

 

マイナーなエリアでもホテルを探すことが可能

ホテルの掲載数が充実していると、このような利点も生まれるんですよね。もしかしたらこれこそが最大の利点かもしれせん。

どのホテル予約サイトでも人気観光地や大都市については頑張っていますから、価格帯やホテルの掲載数などに、目立った違いは出ないことが多いです。

 

しかし、実力の低いホテル予約サイトの場合は、ちょっとマイナーなエリアやスポットに関してはそこまで頑張ることができません。ですから掲載数があまり充実しません。

ですが、ブッキングドットコムならそういったエリアについてもきちんと提携していますので、「色々な予約サイトでホテルを探したけれど、マイナー過ぎて見つからない」という場合でも、ブッキングドットコムであればホテルが確保できる可能性が高いです。

 

 

色々なタイプと値段のホテルを探すことが可能

たくさんのホテルが掲載されているわけですから、当然それだけ選択肢が広がります。ですから「ホテルのタイプ」「価格帯」などに関する自由度がかなり高いです。そのため、普通の予約サイトよりも、自分の希望条件を満たす宿泊施設に出会いやすいです。

 

「色々なジャンルのホテルが掲載されている」というのが、ブッキングドットコムの大きな魅力です(詳細は後述)。

 

ですから「本当に満足できるホテルに泊まりたい」「ユニークなホテルを探したい」という方にも、ブッキングドットコムはうってつけです。

 

私がホテルを探すときに必ずお世話になっている、超おすすめ

外国人向けの「清潔感バッチリ&リーズナブル&お洒落」なドミトリーなどがパパっと発見できて便利

 



 

人気のワケ230004000円のホテルも探しやすい!

ブッキングドットコムはホテルの掲載件数が世界トップであり、そればかりが魅力だと思われがちです。ですが、やはりそれ以上に「色々なホテルを探すことができる」のもブッキングドットコムのメリットだと言えます。

 

さて、一般的なホテル予約サイトの場合は、無難なシティホテルなどの宿泊場所が掲載ホテルの大半です。ですが、ブッキングドットコムに関しては、ゲストハウス、ロッジ、ヴィラ等も色々と掲載されています(もちろんシティホテルなども充実!)。

ですから「少しユニークなホテルに泊まりたい」「宿泊施設を利用することが多すぎて、代わり映えしなくなってきた」などとお考えの人にも向いています。

 

実際、ブッキングドットコムのオフィシャルサイトでは次のように説明されています。

 

ブッキングドットコムのホテル掲載数はたった2年程度で約2倍となりました。世界中のホテルを100万件以上掲載しており、部屋数として2300万カ所オーバーです。

 

ブッキングドットコムの掲載ホテルの70パーセントオーバーが、ホテルに分類されない宿泊施設となっており、一般的なサイトでは実現できないレベルのラインナップだと言えます。

 

これまでの宿泊者数は延べ10億人以上!

ブッキングドットコムであればこんな素敵な宿泊場所に巡り会えます。ちなみに、この別荘(ヴィラ)の値段は2人で10000円(12日)と破格です!

ブッキングドットコムだからこそ、このような場所も発見することが可能なんです。

 

 

人気のワケ3:サービス料金・消費税などを含んだ価格が表示される

「トータル金額が一目瞭然」というのも、ブッキングドットコムの魅力です。

実際、「サービス料金・消費税を抜いた場合の価格表記」にしている、予約サイトが本サイトのランキングで上位にしているところの中にも少なくありません。

ですが、ブッキングドットコムの場合はいつでも「トータル金額」を見ることができるので、最後のチェック画面で「あれ、ちょっと高くなった」なんて事態になることが絶対にありません。

 

一見するとExpediaやホテルズドットコムよりも宿泊代が高いように感じるけれど、消費税やサービス料金も加味して考えると、どこも同程度の価格になるんです♪

 

 

人気のワケ4:大半に宿泊施設で「前払いの義務ナシ&キャンセル手数料0円」 

ブッキングドットコムはこういうところも充実しています。

まず「支払い」ですが、ほとんどのケースで「現地払い(現金、クレジットカードなど)」か「事前支払い(クレジットカード)」をチョイスすることが可能となっています。

また、ブッキングドットコムは大半のホテルでキャンセル手数料が(期日まで)0!

 

キャンセル手数料0円というのも当然助かりますし、「今払うのはちょっとキツいから行ってから支払いたい」「クレジットカード情報を国外のホテルに知らせるのは怖い」などのニーズも満たしてくれます!

 

ブッキングドットコム以外の予約サイトでも、大抵のところは「キャンセル手数料0円」までは設けています。しかし「現地支払い可能」な予約サイトは珍しいので、個人的にかなり高く評価しています。

 

 

人気のワケ5:ブッキングドットコムカードでもっと節約!

 

「ブッキングドットコムカード」は、三井住友銀行とブッキングドットコムが連携して発行しているカードです(クレジットカード)。ちなみに、年会費がずっと発生しません。

率直に言って、ブッキングドットコムカードなしにブッキングドットコムを利用するのは非常にもったいないです。

なぜならブッキングドットコムカードには、物凄い特典が3種類も設けられているからです。

 



<ブッキングドットコムカードの特典>

1:カードを作るだけで「Booking.ジーニアス会員」に格上げ
2:マックス6パーセントのキャッシュバック制度
3:海外旅行保険が付与される(三井住友クラシックカード(年会費1500円)と同レベルの保険です)

 

特にカードを作るだけ会員ランクがアップするのが素晴らしく、宿泊料金1割引き、無料送迎、レイトチェックアウトなどのサービスを受けられるようになります。

 

 

特典1:カードを作るだけで「Booking.ジーニアス会員」に格上げ

ブッキングドットコムカードを作ると、カードと共に「ジーニアス会員」に格上げされるコードが届きます(早い者勝ちで5万人まで)。このコードを使えば即座にジーニアス会員になることが可能です。

※ですから厳密に言えば、カードを「作るだけ」では、ランクアップされません。必ずコードを利用しましょう

 

<ブッキングドットコムのGenius会員のメリット>

1:宿泊料金1割引(対応ホテルのみ)
2:レイトチェックアウトやウェルカムドリンク(対応ホテルのみ)

 

これって本当に太っ腹ですよね。一例として、一泊1万円の宿泊施設を利用したとすると、ジーニアス会員になっているだけで9000円になりますからね。また、レイトチェックアウトや無料送迎などのサービスが設けられている宿泊施設も存在します。

ただ、「対応ホテルのみ」という表現から「ほとんどの宿泊施設は対応していないんじゃないの?」と感じるかもしれません。

でも大丈夫。ジーニアス会員を増やすためにブッキングドットコムは色々頑張っているみたいです。実際、たくさんの宿泊施設でこのサービスを受けることが可能です!

 

 

一例として東京都の場合は、アパホテル、シャングリラ、シェラトン、アンダーズ、ワシントンホテルなど、色々なグレードのホテルが対応しています。

ちなみに、TwitterInstagramなどでチェックしてみても、この特典が大好評であることが分かります。

 

※カードを作らない場合でもブッキングドットコムでの宿泊日数が5泊に到達するとGenius会員になれますよ

 

 

特典2:マックス6パーセント分のキャッシュバック

目立つ特典ではないかもしれませんが、冷静に考えるとかなり凄いです。

ブッキングドットコムは、そもそも全会員に対して1パーセント分のキャッシュバックを行っています(楽天カードなどと一緒ですね)。

そして、ブッキングドットコムカード会員用ページから宿泊手続きをして、「クレジットカードでの現地決済」をすれば、さらに5パーセント分キャッシュバックされます。

これで6パーセント分(1パーセント+5パーセント)のキャッシュバックになるというわけですね。一般的なクレジットカードに関してはせいぜい1パーセント分のキャッシュバックが限度ですから、6パーセントというのは考えられないくらいの割合です。

「宿泊料金」というのは決して安いものではありません。だからこそ、キャッシュバックサービスを上手く利用して、節約したいところですよね。

 

 

特典3:海外旅行保険付与(三井住友クラシックカード(年会費1500円)と同レベルの保険)

ブッキングドットコムカードはいつまで使い続けても年会費が発生しません。そして、無料のクレジットカードにしては太っ腹な「海外旅行保険」が付与されています。国外のホテルに宿泊する人も多いでしょうし、役立ちますよね。

保証内容は「マックス2500万円」となっており、これは三井住友クラシックカード(年会費1500円)と同レベルとなっています。「年会費0円のカード」にタダで付いてくるのですから、大きなメリットだと言えますよね。

 

海外旅行保険に既に加入している場合や、別のクレジットカードを所持しているケースなどではあまり良さを感じられないかもしれません。しかし、海外旅行保険は原則として「加入しているもの全て」が適用されるので、あればあるだけ安心感が増すはずです。

 

カード相当便利ですね。安いホテルが探せて良かった。

 

 

ブッキングドットコムカードまとめ

「ブッキングドットコムはブッキングドットコムカードを作って利用するのが鉄則」と言っても過言ではないくらいに特典が充実したカードでしたね。

1Genius会員になれる(1割引+各種サービス)
26パーセント分キャッシュバック
3:海外旅行保険

 

ブッキングドットコムカードをぜひチェックしてくださいね。

 



 

ブッキングドットコムの欠点

ブッキングドットコムにも欠点が全くないとは言えません。

ここからは個人的な体験とTwitterInstagramなどの感想をベースに、ブッキングドットコムの欠点を紹介していきます。「こういう部分もある~」という事を理解しておくと、ブッキングドットコムがさらに使いやすくなるはずです。

  

 

1:お客様サービスの評判が比較的悪い 

正直なところ、大量のホテルを掲載しているホテル予約サイトであれば、全く苦情が来ないということはあり得ません。

ですが、ブッキングドットコムに関しては、他企業と比較しても苦情や不評が目立つんですよね。また、対応の質が低いという話もあります。

個人的には「ブッキングドットコムの落ち度だなあ」と感じるような経験はしたことがないんですけどね。

「日本語対応&年中無休」のお客様サポートサービスが完備されているブッキングドットコムですが、その対応の質が悪いようです。

ただ、これは単に「対応方法」が良くないのだと思います。ですから、「ブッキングドットコム自体がダメ」という事ではないと感じます。

 

一例として「キャンセル非対応の宿泊施設だけれど、どうにかしてキャンセルすることはできないか?」という問い合わせをしたとしましょう。

この場合、ブッキングドットコムを含めどんな予約サイトであっても、「まずはホテル側に聞く→キャンセル不可ならどうしようもない」という対応を取らざるを得ません。

ですが、「言い方」の問題で、

 

A「無理ですね。キャンセル不可能です」

B「交渉したものの不可能との事です。申し訳ございません。ただ、○○などの対処方法がございまして……」

 

ABではかなり印象が違いますよね。ブッキングドットコムについての悪い口コミを確認してみると「言い方がそっけない」などのものがかなりあったので、ブッキングドットコム自体に……ではなくやはり対応方法に問題があるのだと感じます。

 

2:主要都市の宿泊施設数については特別多いわけではない 

ブッキングドットコムは100万カ所を超える宿泊施設を掲載しているわけで、これは世界トップです。

で、「じゃあ、ホテルを検索した際にヒットする件数も凄いんだろうなあ」と感じて私も確認してみたのですが、別の予約サイトとブッキングドットコムの件数にあまり違いがないケースも多いです。むしろ、検索条件次第では別の予約サイトの方が多いということも珍しくありませんでした。

ですから「掲載件数第1位だし、ブッキングドットコムに掲載されていない宿泊施設なんてない」と考えてしまうと、もっと条件に合う宿泊施設を見落としてしまう恐れがあります。

ですが「宿泊施設掲載件数第1位」がブッキングドットコムであることに変わりはありません。その理由は「ロッジやヴィラなどホテルではない施設が多い」からです。そして、それらの施設は「都心よりちょっと離れたエリア」にある場合が多いので、大都市に関して調べて場合は「ブッキングドットコムの方が別の予約サイトよりも少ない」というケースが少なくないんです。

 

つまり、ブッキングドットコムのホントの魅力は「様々なタイプの宿泊施設がある」という部分であって、「単純な施設数」ではないということ♪

ここを把握しつつ、ブッキングドットコムを使えば自分にマッチする宿泊施設を探しやすくなるはず!

 



 

ブッキングドットコムは「アリ」なの?

結局のところ、ブッキングドットコムは「アリ」なのでしょうか?

率直に言いますと「次のことに該当するならアリ、そうでないならあえてブッキングドットコムを選ばなくてもいい」という感じです。

 

<ブッキングドットコムが向いているのはこんな方>

1:前払いに抵抗がある方
2:ブッキングドットコムカードを作成してもいいと感じる人
3:ユニークな宿泊施設を楽しみたい人

 

色々なホテル予約サイトが存在していますが、13のことに該当するのであれば、ブッキングドットコムが特に向いています。繰り返しになりますが、もう一度解説していきますね。

 

 

1:前払いに抵抗がある方

ブッキングドットコムには大抵の宿泊施設で「前払い不要」というメリットがあります。一例としてホテルズドットコムに関しては、大抵の宿泊施設において「現地決済非対応」であり、前払いをしなくてはならないところがほとんどです。

ですが、ブッキングドットコムの場合は「前払い」か「現地支払い」をチョイス可能な宿泊施設が大半ですから、「今払うのはちょっとキツい」「クレジットカード払いは、もう今月は無理」などの場合に、決済を後回しにすることが叶います。

私もこれが魅力でブッキングドットコムを何回も使っています。

 

2:ブッキングドットコムカードを作成してもいいと感じる人

先述のとおり、大変役立つカードです。ブッキングドットコムがあるだけでGenius会員に格上げされて、6パーセント分ものキャッシュバックを受けることができます。ブッキングドットコムを利用するのであれば、欠かせないカードだと言えます。

 

ただ、ブッキングドットコムカードを作成したくないという場合は、ホテルズドットコムの方が良いと思います。こちらには「10泊すると1泊分0円」というサービスがありますので。

カードを作成しないならブッキングドットコムのメリットが激減します。

 

3:ユニークな宿泊施設を楽しみたい人

繰り返しになりますが、ブッキングドットコムの本当の魅力は宿泊施設の「件数」ではなく「ジャンル数」です。掲載件数100万オーバーのうち、7割程度は「ホテルではない施設」だとされています。

ですから「ユニークな宿泊施設を楽しみたい!」という場合はブッキングドットコムがピッタリ。ですが、ホテルに泊まりたいのであれば、ブッキングドットコム以外のところも探してみた方が良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

ここまで、ブッキングドットコムの特徴や評価に関して解説しました。

利点も欠点も存在しますが「完璧な予約サイトはない」わけですから、「どこにウエイトを置くか?」ということを考慮して、どのホテル予約サイトを使うか決めましょう。

 

ブッキングドットコムが向いているのは

1:前払いに抵抗がある方
2:ブッキングドットコムカードを作成してもいいと感じる人
3:ユニークな宿泊施設を楽しみたい人

 

のいずれかに該当する人です。

どれも該当しないのであれば、ブッキングドットコム以外を使った方が良いでしょう。

特に「お客様対応の質が高いほうが良い」と感じるのであれば、ブッキングドットコムは向きません。

 

お客様対応の質を最優先するのであれば、日経業者のエアトリやじゃらんなどを選ぶことを推奨します。

なぜなら、海外事業者には「消費者保護の義務」が課されないからです(日経業者とは違い、旅行業法の適用外となるため)。

 

このようなことも加味してホテル予約サイトを決めましょう。

そうすれば、ご自身の希望を最大限に満たしてくれるホテルを発見できるはずですよ。